子供のスマートフォン・タブレットの利用を制限する時はどんな時か?

スマホ・タブレットを制限する時

新型コロナウィルスの事もあり、子供達自身も家にいないといけないことが多く、ついついスマホを使う時間が長くなっているというのが現状です。私の家庭では、子供のスマートフォン利用については制限をしていませんでした。今回私が初めて子供のスマホの利用に制限をしたのは、スマホを利用できる時間についてです。高校生の娘が夜12時を過ぎてもスマホを利用し、逆に朝起きてくる時間が遅くなっていたからです。
 このように、スマホの利用が明らかに生活のリズムを変えるような兆候が見られるようであればスマホの利用を限定すればよいです。iPhoneであれば、「スクリーンタイム」という機能を使って、子供のスマホの休止時間を設定することができます。
参考リンク:お子様の iPhone、iPad、iPod touch でペアレンタルコントロールを使う
Androidのスマホ・タブレットはもしも私なら寝る前に親に預けるというルールを作ります。

子供が適切にスマホ・タブレットを使うには

まずはあなたご自身のスマートフォン・タブレットの利用を振り返ってみてください。私もそうですが、自分にできないことは子供にもできません。子供の友人同士の通信を制限してしまうのはもってのほかです。また、親だからといってむやみに子供のスマホの中を見てはいけません。親子関係が崩れてしまいます。
 スマホは生活の一部に過ぎません。親がするべきは、子供がやらないといけないことが全般的にちゃんとできているかどうかを見ていれば良いです。スマホについては親子でルールを決めておき、そのルールをきちんと守らせると良いです。ルールは
・使っては行けない時間を決める(食事中、勉強中、就寝1時間前)
程度で良いです。

最後に

今回私が高校生の娘が使っているスマホに制限をしたのは利用時間です。23:00〜5:00まではスマホを操作できない設定にしました。娘からは「困る」と言われたので、効果はあったのかなと思っています。親として、夜にちゃんと眠り、朝にちゃんと起きてほしいだけのことです。このようにスマホ利用の制限は、制限をする根拠をもって制限をすれば子供は納得するはずです。ご自身のポリシーを子供さんに伝えてみましょう。

ITストラテジスト試験に合格するには

ITストラテジスト試験とは

このページを見た方はITストラテジスト試験に興味がある方ですね。恐らく、「最難関のIT資格」、とか、「十数時間で合格することができました。」とか。ネットを検索すると様々な情報が出てきます。では、実際のところはどうなのでしょうか?この記事では、合格した私の考えも交えながら、合格するための方法を書いていきます。
参考リンク:ITストラテジスト試験

必要とされる知識

これはまさに「経営の知識」と「ITの知識」です。経営の知識は経営戦略やマーケティングを中心に学習した経験があれば試験対策のために何かを追加で勉強しないといけないということはありません。ITの知識は応用情報技術者試験合格レベルの知識があれば問題ありません。経営学の学習経験がない方はテキストでインプット学習が必要になります。おすすめのテキストを示しておきます。わたしはTACのテキストで学習して合格しました。
 TACのテキストは本当におすすめです。

学習方法

午後2の論文は用意をしてしまえば、それ以上時間はかかりません。いちばん時間がかかるのは午前2で、次が午後1です。

午前1

こちらは、応用情報技術者試験に合格して免除をゲットするのがベストです。応用情報技術者試験合格から2回ITストラテジストが午前1免除で受験できます。午前1が免除でない方は高度区分の午前1試験の過去問を10回分こなせば良いです。私はこの方法で午前1を突破したことがあります。午前1を突破すれば以後2年間は午前1が免除されます。

午前2

私自身はここに一番時間をかけたような気がします。平成21年から直近のITストラテジスト試験の午前2の過去問題を演習しました。25問中15問が合格ラインです。毎回70%前後取れればOKです。

午後1

過去3年分くらいの過去問題をしっかりと解くことが重要です。ここをおろそかにすると足元をすくわれます。私は4回ITストラテジスト試験を受験しましたが、2回午後1で不合格になりました。正答の多くは問題文中にある場合もありますし、問題文中の内容にITストラテジストの視点を加えたものが正答になることもあります。よく現代文の試験とか、国語の試験とネット上で見ることがありますが、あながち間違いではないと思います。問題文を読む前提として、経営とITについての知識が必要になるということだけです。
 午後1を通過できた年と通過できなかった年を比べたとき、気づいた重要なポイントがあります。それは
「ITストラテジストになったつもりで問題を読み、その問題中の課題を解決する。」
この感覚をもって問題に取り組めるかどうかはとても重要であると思います。

午後2

高度区分の試験で論文がある試験は難しいと言われています。確かに初めてITストラテジスト試験を受験したときは午後2の論文はC評価でした。受験した当初は「これ、いけるっしょ!」と余裕をぶっこいていたのですが、後日、書いた論文について反省してみました。反省することはとても大事です。反省して気づきました。「こりゃC評価だわ」と。
 字が汚くても答案は読んでもらえます。私はびっくりするぐらい字が汚いです。でも、採点者の方は私の答案を読んでくださり、合格と判定されました。字はていねいにかかなければいけないのはもちろんなのですが、字が汚いことは不合格の原因にはならないということを実感できました。字が汚い方も安心してください。一生懸命書けばちゃんと採点者の方に読んでいただけます。
 論文合格のポイントはとてもシンプルです。論文の書き方のルールにそって、問題文で問われていることについて答えるだけです。ただそれだけです。ご自身の経験だからといって、聞かれていないことを書く必要はありません。ITコンサルタントの経験がなくとも、特定の業界を想定し、自分自身ならどうするかという考えを元に問題文で問われていることだけについて、論述すれば良いのです。システムの大小も関係ありません。経営者が考える経営戦略に対して、成功できるようにIT戦略を提案すればよいのです。ちなみに私は画像認識のAIを利用した洋菓子の販売代金計算の仕組みによる販売スタッフの教育コスト削減と、顧客のタブレットやスマートフォンから事前に洋菓子を予約注文できる仕組みで論文を書きました。
 論文を書くときに意識したのは、ITの専門家としての提案であり、経営者への経営戦略の提言ではないということも強く意識しました。これは、高度区分の書籍を執筆されている三好 康之先生がYoutubeの動画でも言われていました。三好先生のYoutube動画はとても参考になります。三好先生のおかげで私は合格できたと言っても過言ではありません。
参考リンク:三好 康之先生のYoutubeチャンネル
 私が学習に利用したテキストをご紹介します。
 
このテキストの良いところは、解答論文の書き方のアドバイスが独特で、この本のとおりに書きすすめると、論文全体がしっくりきます。おすすめの一冊です。
 
このテキストの良いところは実際の論文の事例が豊富に載っているところです。何をどう書いてよいかがわからない方は事例のページがとても役に立ちます。 

この試験は本当に難しいのか

私自身は4回目で合格しましたが、受験をしようと思った当初は、一発で合格できると思っていました。なぜなら、経営学とITを学んでいれば、新たに勉強することはそんなになかったからです。ここからは私のITストラテジスト試験の合格までの軌跡です。

平成28年度に初受験。論文でC評価で撃沈。この時は問題文の設問に対して論述できていなかったのが敗因でした。

平成29年は午後1で敗退。自己採点では65位だったので、正直ショックでした。論文は、令和元年の試験で合格したときの論文の内容とほぼ同じものを用意していました。

平成30年も午後1で敗退。自己採点で67点くらいでした。かなり凹みました。論文は、令和元年の試験で合格したときの論文の内容とほぼ同じものを用意していました。

令和元年度、合格。午後1の自己採点と実際の得点がバチッと合いました。4回がんばった甲斐がありました。合格発表の日から1週間くらい浮かれていました。

私のこれから

 もう少し情報処理技術者試験を頑張って合格していこうと思っています。これからの予定
2020年
受験日未定 AWSソリューションアーキテクト プロフェッショナル
  4月データベーススペシャリスト(今回5回目の受験)
  7月中小企業診断士1次試験
10月中小企業診断士2次試験(1次通過したら)
10月 システムアーキテクト試験
12月 中小企業診断士 2次試験(10月合格したら)
2021年
  4月 プロジェクトマネージャ試験

まだまだ学ぶことはたくさんあります。勉強して、みんなでまだ見ていない景色をみましょう!

AWS認定資格を取得してみましょう。

AWSとは

AWS(Amazon Web Service)とは、簡単に言うとAmazonのインフラを動かしている仕組みを従量制で利用できる仕組みです。

なぜAWSなのか

クラウドサービスで有名所といえば、AWSの他に、Google GCP,MicrosoftのAzureなどがあります。AWSは世界でシェアNo1のクラウドサービスです。

参考リンク:IaaS+PaaSクラウド市場、AWSの首位ゆるがず Azure、Google、Alibaba含む4社で市場の7割超占める 19年3Q

 私がAWSの事を詳しく知ったのは2019年の8月でした。専門学校や大学等の教育機関で、国内でもAWSについて教育を行う流れがあり、業務上必要になったからです。

参考リンク:AWSアカデミー

 私の勤務する専門学校でもAWSの教育を実施するために、私自身がAWSについて学び、AWSアカデミー主催の研修に参加し、実際にAWSの認定資格を取得しました。

AWS認定資格とは

AWSの認定資格は、AWSの知識を証明するための資格で、多くの試験区分があります。
参考リンク:AWS認定
 初めて受験する試験としておすすめは「AWS認定クラウドプラクティショナー試験」です。次に、「AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験」です。ここまで取得できていれば事足りると思います。ただ、さらに上を目指したければ、「AWS認定ソリューションアーキテクト プロフェッショナル試験」を目指してもよいでしょう。

AWS認定クラウドプラクティショナー試験

私のAWS認定クラウドプラクティショナー試験の合格証明書

まずいちばんはじめに取り組むのがこの試験です。学習方法として、AWSが提供しているトレーシングカリキュラムをまずは学習し、大まかな流れを掴むことが大事です。

参考リンク:AWS Cloud Practitioner Essentials (Second Edition) (Japanese)
 
参考テキスト

 この試験も、自分自身が受験したときは、最後の最後まで「落ちたかも」とビクビクするくらい難しかったです。AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験を受験する前には一度受験されることをおすすめします。

AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト試験

就職・転職を考えるのであれば、このランクの資格はほしいところです。

私のAWSソリューションアーキテクト アソシエイト試験の合格証明書

私自身は2回目の受験で合格することができました。実際にAWSを動かすのが一番良いと思います。私のように業務上必要で資格を取得しないといけない方もいらっしゃるかとも思います。私が受験するときに使った書籍を紹介します。

参考テキスト
 
この本は、AWSの全体像がわかりやすく書かれている本で、おすすめです。


 この本は、試験に出そうな重点ポイントを学習できます。

おすすめのUdemy教材
AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(5回分325問)
この教材は最強です。基礎のインプットが終わったらひたすらこの問題集をされることをおすすめします。

AWS認定ソリューションアーキテクト プロフェッショナル試験

AWSソリューションアーキテクト試験の最上位試験です。私はまだ学習を本格的にはじめていませんが、せっかくAWSを学び始めたので、近い将来に受験しようと企んでいます。
 AWSが提供しているトレーニングカリキュラムもあります。内容としては、試験の概要を大まかに理解できる内容になっています。

参考リンク:Exam Readiness: AWS Certified Solutions Architect – Professional (Japanese)

おすすめのUdemy教材
プロフェッショナル試験に対応している日本語の教材は、私の知っている限りではこれだけだと思います。

最後に

私自身はシステムを設計したり、作るのが専門で、AWSのようなインフラ系の知識は皆無でした。しかし、学んでみると最近のクラウド技術の利便性やIT技術の進歩をひしひしと感じ取ることができました。繰り返しになりますが、AWSの資格は就職に有利に働く資格です。ぜひ、学習して合格を目指しましょう。

応用情報技術者に合格するためには

 この記事を読まれている方の多くは、基本情報技術者試験に合格された方ではないかと思います。応用情報技術者試験は、レベル3にあたる情報処理技術者試験です。専門学校の教員の仕事をしていると、「いきなり応用情報技術者試験は難しいか?」という質問を受けることがあります。答えはYesです。レベル2にあたる基本情報技術者試験に合格した方が受験する試験であると言っても良いでしょう。

 参考リンク:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験のページでは、学習に必要な過去問題のダウンロードをすることができます。

試験について

試験は午前と午後の試験に分かれます。合格基準は午前、午後ともに60%以上の正答で合格になります。基本情報技術者試験との違いという視点で見れば、午前試験は基本情報技術者試験より問題が難しくなっている。午後の試験は基本情報技術者試験はマークシート形式であるのに対して、応用情報技術者試験は記述式になります。基本情報技術者試験はセキュリティ、アルゴリズムプログラム言語が必須であったのに対して、応用情報技術者試験はセキュリティは必須ですが、10問の問題から4問選択すればOKです。記述式となると不安に思われるかもしれませんが、アからオまでの選択肢を記述する問題もあれば、専門用語を記述する問題もあります。要は、簡単な記述問題も多いということです。xx文字以内で答えなさいという問題は、本文中にある文章を活用して書き出す事が多いです。

学習方法

まず、学習の大前提は基本情報技術者試験に合格していることです。確実に合格できる力をつけるポイントは、応用情報技術者試験の午前問題に出てくる知識のインプットです。私はポケットサイズのテキストを1冊購入し学習しました。この本1冊で事足ります。

 応用情報技術者試験を受けた当時は、私個人、ストラテジ系の専門用語が難しいと感じたことを覚えています。特に、エンタープライズ・アーキテクチャは苦手意識を感じていたので、この本を何度も読みました。
 勉強に自信がある人は、過去問題集のみで勉強しても良いです。これでも十分合格できます。過去の午前問題を解きながら、自分自身が知らない用語を押さえていく学習方法です。この学習方法のコツは、午前の過去問に出ている正解ではない選択肢の用語についても、解説を読みながらインプットしていくことが大事です。おすすめの問題集はこちらです。

私の試験結果
 私の試験結果です。
ズバリ、合格するには60%以上取れればよいのです。苦手なところも捨てて良いと思います。私は文系なので、アルゴリズム絡みや、計算絡みは極力捨てました。でも得点は取れます。計算もある程度こなさないといけませんが、まずは得意な部分で得点を取って、残りの時間でやらないといけない計算を片付けていきました。無論、試験時間いっぱいまで問題に取り組みました。

就職・転職に有利か?
 学生時代に取っておくとかなり強く働きます。現役のエンジニアの方も20〜30代で所得できると、給料等に良い影響が出ると思います。ちなみに私は急に仕事で必要になり、40歳の秋に合格しました。基本情報技術者試験を持っている方は、そのまま学習の熱をさまさずに、応用情報技術者試験にチャレンジしましょう!

情報処理技術者試験の登竜門 ITパスポートにチャレンジしてみましょう!

 IT分野に興味がある方で、資格取得を考えている方にまずおすすめするのがITパスポート試験です。この資格は経済産業省が認定する国家資格で、ビジネスに必要なITの知識があることを証明することができます。

 参考リンク:ITパスポート試験

ITパスポート試験のページでは、学習に必要な過去問題のダウンロードや、受験申し込み、合否の確認をすることができます。

試験について

試験は100問を120分間で解答します。問題は大きく3つの分野に別れており

  • ストラテジ系  35問
  • マネジメント系 20問
  • テクノロジ系  45問
で構成されています。実際に試験の評価対象になるのは92問です。合格基準は、各分野1000点中300点以上でかつ、全体で60%の正答です。

学習方法

学習の順番としては

  1. テクノロジ系
  2. ストラテジ系
  3. マネジメント系
の順番で学習されることをおすすめします。
初学者の方は、教科書でインプット、問題集でアウトプットがベストです。学生の方はこの学び方が良いです。社会人の方で、時間がなく、効率的に学習をされてい方は、問題集を通してわからない専門用語を学びながら問題演習を行うことをおすすめします。

教科書のおすすめ


問題集のおすすめ

 購入する順番は、先に問題集を購入してみて、問題の解説を読んで理解していけるようであれば、教科書は必要ありません。ただ、ITパスポート合格後、基本情報技術者試験の受験を考えているのであれば、教科書を利用してしっかり基礎を押さえておくことが良いでしょう。
 学生の方が難しいと感じるのはストラテジ系とマネジメント系です。ただ、この分野で出題される内容は出題の傾向が大きく変わらないので、暗記で乗り切ることも可能です。あと、誤解を恐れずに書くならば、全体で数問の計算問題は捨ててもOKです。もちろんできることに越したことはないですが。
 今はYoutubeでITパスポート試験の解説動画も結構出ています。私も出していますし、その他にもわかりやすい動画がたくさん出ています。私がおすすめするのは

ITすきま教室 渡辺さき先生です。


おまけに、私の動画シリーズも載せておきます。


 最後に、この資格が就職に有利かどうかについて、私は有利に働くと感じています。実際にITパスポート試験を取得した学生がIT系の企業に就職することもあります。ぜひチャレンジして合格しましょう!




ITパスポート試験 平成31年春 問91 ~問100の解説


問91 イ
E:エンティティ R:関係
問92 イ
正規化の目的:更新時異常の排除
問93 エ
ウ GPS
問94 ア
イ キーロガー
エ ワーム
問95 イ
ア よくある質問
ウ 暗号化技術
エ 統一モデリング言語(表記法)
問96 ウ
問97 ア
問98 ア
問99 エ
ア 電子公告(駅の中とか)
イ 情報の作成者の正当性を証明するもの
ウ 情報格差

問100 ウ

ITパスポート試験 平成31年春 問81 ~問90の解説


問81 エ
スタイルシート:CSS
問82 エ
POP3 受信
SMTP 送信
問83 ア
PoE:Power Over Ethernet
イ PLC 電力線搬送通信
ウ NAT
エ オートネゴシエーション
問84 エ
問85 ウ
問86 ウ
LPWA 少電力、広範囲
問87 エ
ア 技術的対策
イ 技術的対策
ウ 人的対策
問88 ア
問89 ウ
ショルダーハック:のぞき見
問90 ア
ア 馬鹿なことをしても壊れない
イ 縮退運転(システムは止めない)
ウ 問題が起きてもシステムが止まらない設計

エ データベース用語、トランザクション実行前の状態に戻すこと