2009年3月9日月曜日

広報マンの仕事(製作)

私は現在、広報部というところに勤務しています。
以前は教務部というところにいたのですが、ずっと行きたかった部署が広報部です。

製作の仕事とは
多くの人に学校を知ってもらうための紙媒体を製作する仕事です。

その中身はというと
紙面の中の写真、キャッチコピー、詳細な文章で構成されています。

私は「キャッチコピー」にとてもこだわりを持っています。
あとは「詳細な文書」かな。

製作物は自分で作成して、上司に見てもらい、OKがでれば印刷して完成です。
結構上司からの修正依頼は多いです。
その中でも、自分のキャッチコピーが修正無しで承認されることがとっても快感です。今製作中の製作物も自分がこだわったキャッチコピーは手が入れられていません。
そんなときにとってもやりがいを感じます。
会社にはD70というNikonの一眼レフがあります。このカメラがすごい。とってもいい写真が取れます。今後は写真にももっと力を入れていい製作物を作りたいなっておもってます。

2 件のコメント:

  1. 写真イイですね。キャッチコピーや文章考えるのも楽しそうです。
    でも生徒としては関わる場面が減ってしまってちょっと寂しいところでしたよ。

    返信削除
  2. 銀河少年さん
    そうです。とっても楽しい仕事なんです。
    とってもクリエイティブな仕事なんです。
    ITエンジニアの世界とはまた違う面白さがあります。
    もちろん、先生の仕事も楽しかったですし、学生さんとの絡みも減ったのでそれは正直さみしいなって思います。

    それより、もうすぐ卒業式ですね。
    飲み会、楽しみにしてまーす。

    返信削除