2009年11月8日日曜日

サーバー到着。現在奮闘中!

昨日の夜にサーバーが届きました。
運送会社の人がとっても重そうに運んできました。
そんなに思いのかなと受け取ってみるとむちゃくちゃ思い。
僕にとってラックマウントサーバーは初体験。
まずは電源をいれてみる。
ん、すごくうるさい。
音の感覚とすれば、「掃除機」。いや、本当にうるさい、ファンがフルパワーで回っている感じ。早速、サーバーを開けてみることに。ひとつひとつのパーツがごっつい。
空冷ファンのでかいのが8つもついてる。
それにしてもうるさい。ちょっとサーバー移行をやめようかなって思うくらい。うるさかった。
サーバーの表面を見ると、システムエラーのLEDが光っていたので、中の診断LEDを点検するも問題無し。結局原因は冗長電源の機構に対して、電源ケーブルを1本しか付けていなかったことが原因。電源ユニット2台ともに電源ケーブルをつけて電源をいれたらおとなしくなった。うん、これならなんとかサーバーとして運用していける。ひさしぶりにコンピュータの「説明書」というものを真剣に読んだ。それにしても面白い。なんかひさしぶりにコンピューターが楽しい。
意味もなくハードディスクユニットを抜いてみたり・・・
現在CentOS5.3をインストール完了。
サーバーとして使うだけではパワーを使いきれないので、当面はクライアントとしても使おうと思ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿