2015年12月31日木曜日

2015年IT業界10大予想の答え合わせ

2014年末に2015年のIT業界を予想しました。今回はその答え合わせです。   
・タブレットの入力のしにくさはいくらか改善される。 はずれ
 Appleペンシルが発売されましたが、そこまで大きなインパクトはありませんでした。

 ・IoTの発達 あたりでもありはずれでもある
 これは微妙ですね。周りではこのキーワードがよく聞こえたのですが、自分自身は言えば、あまり実感することはできませんでした。

・セキュリティが課題になる あたり
 セキュリティの話題はIT系メディアのニュースを賑わしていたようにおもいます。また、IPAが新しくセキュリティの試験を実施すると発表したのも、私にとってはけっこうインパクトのあるニュースでした。
 参考リンク(情報セキュリティマネジメント試験 情報処理推進機構のページ)
 https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sg.html
・Apple Watchは思ったより売れない。  はずれ
 ウェアブルデバイスの中では結構売れたと思います。AppleWatch Editionが今後も発売されるかは疑問。
・Windows離れとChromebook,Macの躍進   あたり
 今年Windows10がリリースされましたが、電源を着ることができなかったり、Update後に起動できなくなってしまったりという不具合を周囲で散見しました。最近周囲でパソコンの購入を検討している人にはMacをおすすめしています。
・Webブラウザ上でプログラミングできるシステムが発達する あたり
 今年はMonacaにとってもお世話になりました。
 参考リンク (Monacaのページ)
 https://ja.monaca.io
・動画コンテンツがさらに質を求められる時代になる あたり
 昨年以上に様々な層の視聴者がYoutubeを見るようになり、今まで以上にコンテンツ自体の質も求められるようになってきていると思います。また、先頭集団のYoutuberの人たちが今後どのようなコンテンツを提供していくのも興味深いところです。
・ウェアラブルデバイスは混沌を極める。  あたり
 AppleWatch以外、インパクトのあったウェアブルデバイスは私の中では無かったように思います。
・テレビにつなぐ小型PC市場が発展する。 あたりでもありはずれでもある
  PC自体の販売が落ち込む中で埋もれていますが、テレビにつないで簡単に使えるスティック型PCはそれなりに市場にインパクトを与えたと思います。
・若者のPC離れが加速する。  あたり
 Webにアクセスするデバイスはスマートフォン、タブレットが中心で、パソコンは影に隠れている感じです。それが20代の若者を中心に顕著に出ているように思います。

結果
あたり 6個
あたりでもはずれでもる 2個
はずれ 2個

ざっと正解率7割くらいでしょうか。
2016年のITの世界はどのような1年になるのでしょうか。




0 件のコメント:

コメントを投稿